横浜市港南区,内科,消化器科,胃腸科,経鼻内視鏡,大腸内視鏡,健康診断

「港南中央」駅 徒歩9分


駐車場完備
045-353-5355
  • 当院のご案内
  • 医師のご紹介
  • お知らせ
  • 交通案内・診療時間

胃の内視鏡検査Stomach

  • 診療案内
  • 内視鏡
  • 大腸の内視鏡検査
  • 日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除
  • 胃の内視鏡検査
  • 経口内視鏡検査
  • 経鼻視鏡検査
  • 麻酔を併用する内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • ピロリ菌除菌
  • 胃腸・消化器科
  • 内科
  • 健康診断・健康診査
  • 各種検査・健診

当院の胃内視鏡検査の特徴

できるだけ苦痛の少ない検査

当院の内視鏡検査は全て、内視鏡専門医の資格を持つ院長が行います。

大学病院でESD(粘膜下層剥離術)・EMR(粘膜切除術)を行っていた経験と技術から的確で苦痛の少ない内視鏡検査を行っております。また、これまでに胃カメラ・大腸カメラ合わせて 20,000件を超える検査を行ってきました。

「内視鏡検査を始めて受ける」「どうしても胃カメラが苦手だ」という患者さんにも安心して検査を受けていただいておりますので、ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

極細径の内視鏡

経鼻の胃カメラ検査では、極細径の内視鏡を採用しております。

カメラが鼻から真っ直ぐにのどへ入ることにより、”オエッ”(咽頭反射)となる程度が軽くなりますので、胃カメラが苦手な方でも辛さをできる限り軽減しながら検査を受けていただいております。

胃カメラ検査が不得意という方はご相談ください。

NBIによる明瞭な観察

NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)により、粘膜表面の毛細血管を浮かび上がらせることで、がんなどの微細病変部をより高精度に検査することができます。

通常光による胃の観察像

NBIによる胃の観察像
胃カメラが苦手な方のために

「胃カメラ検査がどうしても辛い」という方のために、経鼻内視鏡検査麻酔併用の内視鏡検査を行っております。
患者様それぞれに適した方法を選択することができます。

胃カメラ検査のことでお悩みなどございましたら、お気軽に院長にご相談ください。

 

資料提供:OLYMPUS(https://olympus-imaging.jp/)

胃カメラ検査の種類

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・炎症性病変や腫瘍性病変(食道癌・胃癌・ポリープ等)の有無を調べます。

胃内視鏡検査には、

  • 極細の胃内視鏡を鼻から挿入する経鼻内視鏡検査
  • 咽頭麻酔(のどの表面麻酔)をし内視鏡を口から挿入する経口内視鏡検査
  • 鎮静剤を血管内へ注射することで眠った状態で内視鏡を口から挿入する麻酔下内視鏡検査

があります。

 

経鼻内視鏡検査

わずか5mm、鉛筆の細さほどの極細の胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じませんので、体にかかる負担も少なく検査後はすぐ日常生活に戻れます。

 

経口内視鏡検査

咽頭麻酔(のどの表面麻酔)のみでの検査です。経験者の方で内視鏡に抵抗感のない方にお奨めです。麻酔時間が短く鼻粘膜を通らずに挿入される為、全体の検査時間が短く済みます。
当院では経口内視鏡でも極細径スコープを使用する為のどの抵抗感は大幅に低下しております。

 

麻酔下内視鏡検査

「鼻でも口でも胃カメラは怖い!」という方にお奨めです。鎮静剤を血管内へ注射することで眠った状態での検査が可能です。
注意;麻酔下検査は経口のみです。麻酔下で経鼻挿入した場合、患者様自身でカメラを引き抜く事があり鼻出血などの偶発症を生じる場合がある為です。
麻酔下検査を希望される場合はご自身で運転しての来院はご遠慮ください。麻酔から回復したと感じても注意力が散漫となるため交通事故を生じる可能性が高くなります。
帰宅時に運転を希望される場合は静脈麻酔を致しません。

胃カメラを受けられる方へ

なぜ胃カメラをするの?

食道・胃・十二指腸には癌をはじめ潰瘍・炎症・ポリープなど様々な病気が生じます。
たいへん敏感な臓器ですので表面の僅かな変化でも強い症状を引き起こすことは少なくないのです。
腹部超音波やCTスキャンなどは大きな病変は確認できますが、微細な変化までは解かりません。
このため胃カメラなどの食道・胃・十二指腸専用の検査を行わなければ診断にいたしません。

 

胃カメラとバリウムの違いは?

バリウムにも胃カメラを超える長所はあります(胃の形を客観的に確認できる、食道への逆流が確認しやすいなど)が、胃カメラでは粘膜色調変化が見える(平べったい腫瘍を発見できる、表面だけの胃炎を確認できる)、生検が採取できる(ポリープなどの一部を採取し顕微鏡像での検査を行う)など大きなメリットがあります。

 

当院の胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)について
検査の目的と方法

この検査は、口もしくは鼻からの内視鏡を挿入して食道、胃、十二指腸の中を観察し、潰瘍、ポリープ、癌などの有無を確かめるために行う検査です。
必要に応じて病変の一部を採取(生検)して病理検査を行うこともあります。

 

検査の説明

胃カメラ検査は、口または鼻から内視鏡を入れ、食道・胃・十二指腸の一部に病変が存在するかどうかを調べる検査です。

検査前に胃の中の泡を消すお薬を飲んでいただき、その後に表面麻酔を行います。

経口・麻酔下検査はのどの奥にゼリー状のお薬を2分間溜めます。

経鼻検査は鼻の通りを良くするスプレーをした後、表面麻酔のスプレー、ゼリー、チューブでしっかりと麻酔をします。

内視鏡検査は 5mm 前後の太さですので、アメを飲み込んだような違和感が多少ありますが、呼吸は普通にできますのでご安心ください。

検査中必要に応じて病変の一部より組織を採取し、病理学的組織検査(生検)を行うことがあります。
診断及び、治療方針を決める上で重要な検査ですのでご了承ください。

 

それぞれの胃カメラの特徴

患者様お一人お一人に合った胃カメラの検査法があります。
以下に、それぞれの胃カメラについてご説明いたします。

   

 

ピロリ菌の検査

胃がんなどの原因になるピロリ菌の有無を判別する検査を行っております。