横浜市港南区,内科,消化器科,胃腸科,経鼻内視鏡,大腸内視鏡,健康診断

「港南中央」駅 徒歩9分


駐車場完備
045-353-5355
  • 当院のご案内
  • 医師のご紹介
  • お知らせ
  • 交通案内・診療時間

大腸の内視鏡検査Colon

  • 診療案内
  • 内視鏡
  • 大腸の内視鏡検査
  • 日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除
  • 胃の内視鏡検査
  • 経口内視鏡検査
  • 経鼻視鏡検査
  • 麻酔を併用する内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • ピロリ菌除菌
  • 胃腸・消化器科
  • 内科
  • 健康診断・健康診査
  • 各種検査・健診

当院の大腸内視鏡検査の特徴

麻酔を併用する大腸内視鏡検査

軽い鎮静剤を使用してほぼ眠った状態で口から胃カメラを入れて検査します。
そのため、ほとんど苦痛を感じません(個人差があります)。

「以前にひどい目にあった」「とにかく胃カメラは怖い」という方に注射での麻酔を併用することをお勧めします。

できるだけ苦痛の少ない検査

当院の内視鏡検査は全て、内視鏡専門医の資格を持つ院長が行います。

大学病院でESD(粘膜下層剥離術)・EMR(粘膜切除術)を行っていた経験と技術から的確で苦痛の少ない内視鏡検査を行っております。また、これまでに胃カメラ・大腸カメラ合わせて 20,000件を超える検査を行ってきました。

「内視鏡検査を始めて受ける」「どうしても胃カメラが苦手だ」という患者さんにも安心して検査を受けていただいておりますので、ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

NBIによる明瞭な観察

NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)により、粘膜表面の毛細血管を浮かび上がらせることで、がんなどの微細病変部をより高精度に検査することができます。

日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除

日帰りで、内視鏡による大腸ポリープの切除を行うことができます。

また、大腸カメラ検査時にポリープの存在が認められた場合、その場でただちに切除いたします。

 

資料提供:OLYMPUS(https://www.olympus.co.jp/)

大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)

どのような症状が出た時に大腸検査を受けるべきか?

検査を受けられる方の症状は様々です。

  • 排便や腹部に異常がある方
  • 便潜血検査で陽性反応が出た方
  • 原因不明で体重が減少してきている方
  • 最近貧血気味な方
  • 血便 

などが上げられます。

血便が出てしまった場合は消化器官の疾患が考えられます。原因を特定するため速やかに大腸検査を受けられることをお勧めいたします。

 

血便の原因となる主な疾患
・痔核・裂肛
・大腸ポリープ
・大腸がん
・虚血性腸炎
・炎症性腸炎
・潰瘍性大腸炎  など


検査内容・目的

肛門から内視鏡を挿入して大腸(及び小腸の一部)の中を観察します。
大腸粘膜の炎症の程度や出血の様子・潰瘍、ポリープ、癌などの有無を確かめる検査です。
大腸ポリープ、大腸がん癌があった場合その場で電気メスにより切除することが可能です。

 

大腸内視鏡の受け方

大腸内視鏡検査の受け方について、検査前日からの流れを見てみましょう。

※検査手順は施設により若干異なることがあります。

 

最近、おなかの調子が悪く不安を感じていたAさん。
医師にすすめられて、いよいよ明日大腸の内視鏡検査を受けることになりました。

検査前日:検査前日の注意事項

・夕食は午後5時頃、消化の良いものを少なめに

・早めの就寝を心がけましょう
※前日から下剤を飲む場合もあります

検査当日:ご自宅での注意事項

・食事、お茶等の飲み物、たばこ、薬等は禁止
※常備薬を服用されている方は、事前に医師に
 相談しておきましょう

・大腸をきれいにする下剤を飲み始めます
数回に分けて合計で2リットル程度飲みます

・何度かトイレに通うと、液体のような便(水様便)になります

・下剤による前処置が終わった後、指定された時間に医院に行きます

・着替えやすい服装で出かけましょう

検査当日:前処置室での準備

・検査着に着替えます
前処置室で名前を呼ばれるまでお待ちください

・名前を呼ばれたら、検査室へ移動します

さあ、いよいよ検査の始まりです
順を追って見ていきましょう

検査当日:検査室での処置

・検査台に横になっておなかをラクにします

・鎮静剤を注射します

・場合によっては、腸の緊張をやわらげる薬を注射します

検査当日:内視鏡検査の開始

・肛門から内視鏡を挿入

・力を抜いてラクにします

検査当日 内視鏡検査

・医師は、モニターに映る腸内を、隅々まで観察します

・検査は数十分で終了します
※検査時間は患者さんごとで多少異なります

検査当日:検査終了

・検査が終わったら、横になって少し休みます

・気分が悪い時や変調のある時は、 すぐに医師に伝えましょう

検査当日:検査結果

身支度を整えたら、撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます
※組織採取を行った場合には、後日検査結果を
 聞くことがあります。

検査当日:検査後の注意事項

・おなかが張ってくるので、オナラをどんどん出してください

・クルマの運転は禁止です(翌日からOK)

・飲食は1時間後から可能です

・激しい運動は避けてください

・お風呂はシャワー程度にしましょう

・便に少量の血が混じる場合があります

※気になる症状がある時は医師に相談しましょう

資料提供:OLYMPUS(http://www.onaka-kenko.com/)

 

大腸がんについて
大腸がん罹患者は増えてる

平成24年厚生労働省人口動態統計では、全癌死のなかで大腸がんは男性で3位、女性で1位です。

 

大腸ポリープ

大腸ポリープには炎症性などさまざまな分類がありますが、問題になるのは主に腺腫性ポリープです。「大腸がんは腺腫を介して発がんする。」と考えられており、6mm 以上のポリープは治療することが推奨されています。但し、5mm 未満でも癌と見分け難いものは治療するべきとされています。

 

大腸がんの危険因子

ではどのような人が大腸がんを罹患しやすいのでしょうか

・年齢50歳以上
・大腸がんの家族歴(大腸がんを罹患した人・血縁者がいる方)
・高カロリー摂取・肥満
・過量のアルコール
・喫煙

その他、胆のう摘出術後や赤身肉・加工肉などが関連しているのではないかと疑われており調査されています。

 

大腸がんの抑制因子

逆に大腸がん発生を抑制するものはなんでしょうか。
確実とされているのは「適度な運動」のみです。食物繊維・果物・野菜、アスピリンなどが抑制するかもしれないと言われており調査中です。

 

どのような検査を受けるべきか
まずは便検査(大腸がん検診)

大腸検査の代表である免疫法便検査は簡便なうえ大腸がんに対する感度が非常に良好です。但し、10mm 未満の腺腫に対しては3日法で55%、1日法では 11~55%と精度が劣ります。

 

二次検診

大腸腫瘍の二次検診と言えば内視鏡(大腸カメラ)と注腸造影検査(バリウムを用いたレントゲン検査)が代表です。最近では大腸カプセル内視鏡や大腸 CT などが保険適応となりました。

 

大腸内視鏡検査

現在、最も主流の2次検診です。直接病変を確認しさらに生検ができるうえ、施設によっては日帰り・一泊程度で治療までできます。(サイズや性質により待機治療を選択することがあります。)