横浜市港南区,内科,消化器科,胃腸科,経鼻内視鏡,大腸内視鏡,健康診断

「港南中央」駅 徒歩9分


駐車場完備
045-353-5355
  • 当院のご案内
  • 医師のご紹介
  • お知らせ
  • 交通案内・診療時間

ピロリ菌検査Helicobacter pylori

  • 診療案内
  • 内視鏡
  • 大腸の内視鏡検査
  • 日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除
  • 胃の内視鏡検査
  • 経口内視鏡検査
  • 経鼻視鏡検査
  • 麻酔を併用する内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • ピロリ菌除菌
  • 胃腸・消化器科
  • 内科
  • 健康診断・健康診査
  • 各種検査・健診

ピロリ菌Q&A

ピロリが居ると何がいけないの?

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の内側にとりつき、胃の粘膜を刺激することで様々な疾病の原因となるからです。

どのような病気になるの?

急性期には胃の表面を荒らし急性胃炎を生じます。その後胃に定着してしまうと胃の粘膜を弱らせ「萎縮性胃炎」という慢性胃炎を生じます。更に長期間を経過してから胃がんなどを生じます。
胃以外の疾病では「特発性血小板減少性紫斑病」という血液疾患や、最近では慢性炎症が続くことにより「動脈硬化」にも関与しているという報告もあります。

除菌すると良いことがあるの?

あります。除菌により胃・十二指腸潰瘍の再発が抑制されたり、萎縮性胃炎の伸展抑制・胃がんの発生率が減少したりします。
但し、あくまで減少・抑制ですので完全治癒や、胃がんが完全に発生しなくなるわけではありません。

どうやって診断・治療をするの?

まずは「診断」をしなければいけません。その後に「治療」です。
また、当院では原則医療保険診療で除菌を行っております。医療保険では「内視鏡でピロリ菌による慢性胃炎を確認すること」とあるため内視鏡検査が必要です。
治療は抗生物質を飲み治療します。

保険診療内での診断から治療までの流れ

ピロリ菌が胃の中にいると診断されましたか?

 

A;診断されていません

まず内視鏡検査を行い、同時にピロリ菌が居るか否かを検査します。
もし、この時に胃がんや活動性胃潰瘍などを認めた場合、直ちに除菌はせず先行してがん・潰瘍の治療を行います。

 

B;健診で診断されました

バリウム・採血(ABC検診)で診断された方は内視鏡検査が必要です。

胃カメラで診断され、ピロリ菌の存在まで確認された方は直ちに治療開始できます。この場合必ず健診施設名・受検日時を確認しますので健診結果用紙をお持ちいただくか各々が伝えられるようにしてください。

胃カメラで疑われ、ピロリ菌の存在が不明な場合当院でピロリ菌の存在確認をします(主に採血)。この場合も健診施設名・受検日時を確認しますので健診結果用紙をお持ちいただくか各々が伝えられるようにしてください。

 

C;医療施設(病院・クリニック)で診断されました

バリウム・採血(ABC検診)で診断された方は内視鏡検査が必要です。

胃カメラで診断され、ピロリ菌の存在まで確認された方は直ちに治療開始できます。この場合必ず健診施設名・受検日時を確認しますので健診結果用紙をお持ちいただくか各々が伝えられるようにしてください。

除菌治療を受けた場合、処方内容がわかるもの(当時のお薬手帳など)をお持ちいただくとスムースです。

 

ピロリ菌の除菌に関しては下記をご覧ください。

 

ピロリ菌って?

ピロリ菌が胃癌の原因であることは以前から指摘されており、昨年北海道大学の研究グループにより、ピロリ菌の除菌が胃癌の発生を抑えることが証明されました。

現在、日本人で約6000万人がピロリ菌に感染しているといわれていますが、除菌治療をすることで発癌率を低下させることができます。

 

内視鏡を用いたピロリ菌感染の検査方法
  • 培養法
  • 迅速ウレアーゼ試験
  • 組織鏡検法
内視鏡を用いないピロリ菌感染の検査方法
  • 尿素呼気試験法
  • 抗体測定
  • 糞便中抗原測定