横浜市港南区,内科,消化器科,胃腸科,経鼻内視鏡,大腸内視鏡,健康診断

「港南中央」駅 徒歩9分


駐車場完備
045-353-5355
  • 当院のご案内
  • 医師のご紹介
  • お知らせ
  • 交通案内・診療時間

日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除endoscopic resection of colonic polyps in one day

  • 診療案内
  • 内視鏡
  • 大腸の内視鏡検査
  • 日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除
  • 胃の内視鏡検査
  • 経口内視鏡検査
  • 経鼻視鏡検査
  • 麻酔を併用する内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • ピロリ菌除菌
  • 胃腸・消化器科
  • 内科
  • 健康診断・健康診査
  • 各種検査・健診

日帰り大腸ポリープ内視鏡的切除

肛門から内視鏡を入れ、大腸ポリープや大腸癌があった場合、その場で電気メスによる切除を行います。

入院の必要がなく、手術が終わったその日にご自宅に帰ることができます。

 

大腸ポリープ内視鏡的切除の目的

腫瘍性病変(ポリープなど)を内視鏡的に治療する場合、良性腫瘍であれば腫瘍増大に伴う悪性化や出血などの合併症を未然に防ぐ事が主たる目的です。
悪性腫瘍であれば腫瘍の増大を防ぎ早期に治療することにより転移を防ぐ事が目的となります。
ただし日帰りで治療(切除)をする場合最大20mmまでと限られます。

 

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

この方法は主に表面型を呈する大腸腺腫・早期大腸癌に対して用いられる方法です。
病変部の下層にクッションとなる生理食塩水を注入し病変を持ち上げ、投げ縄のような形をした電気メスで切除します。(ポリープ切除の際に痛みを感じることはありません)
切除した病変部は病理検査に出しますので、2週間後に来院してください。